キャンピングカーを借りて旅してみたよ in 房総半島

キャンピングカー前で集合写真

「キャンピングカーで旅をする!」

この言葉を聞くだけでワクワクしませんか?

いたば

はい!むちゃくちゃしまーす!

ということで行ってきました!

行き先は房総半島で1泊2日の旅。
本番は夏の北海道を周るということを計画しており、今回はそのプレ体験みたいな位置づけです。

参加人数は男3、女2の計5人。
借りた車はアミティ(AtoZ製・4WD)。
コンパクトサイズのキャンピングカーでは一番売れているようです。
一泊二日保険代込でレンタル料は43,200円。
ちなみに購入すると約400万円のキャンピングカーです。

いよいよ出発!

乗った瞬間テンションMAX!
わくわく感が半端ありません。

キャンピンカーの説明を一通り聞いて、「いざ!出発!」

初めに向かったのは房総半島の南部にある鋸山(のこぎりやま)!

途中、道の駅で試食を楽しみ・・・

無事、到着!
山と行っても、日本寺と言うお寺の階段を登って行くようです。

「こっちの道は足がガクガクするからやめた方がいいよ」というお寺の人の忠告を無視してガクガクコースを登るバカな5人組。
初めは楽勝、楽勝!と軽んじていたのですが・・・

ものの5分でバテバテです。
忠告無視してごめんなさい・・・

途中、突如巨大な仏像が出現したり

自撮りを楽しみながら

ハアハア言いながら無事、頂上に到着!
(この表情↓をアップで見せてあげたい)

そして、ここがインスタ女子に人気の場所。
土日になると行列になるようです。平日バンザイ。

我チームのインスタ女子も無事撮影を終え、下山です。

途中こんな神秘的な道があり

そこを通り抜けると、またもや壁面に巨大な仏像が・・・
(何のポーズをして撮影したか思い出せない。そして、みんなバラバラ・・・)

インスタ用の撮影も終えて(笑)

(ちなみにインスタに興味がない2人にカメラを向けるとこんなものです)

無事下山です。

学校跡地を利用した道の駅に寄って
(なぜか男女逆)

昼食の場所、漁協直営の食事処「ばんや」へ。

魚の大きさにびっくり。
味も美味しく、値段も手頃で大満足。

(魚だけに焦点を当ててください)

食後のデザートは酪農日本発祥の地「酪農のさと」でソフトクリーム。

そして今日の晩ごはんの買い出しです。

到着しました!七里川温泉。
今日の停泊地のRVパークの目の前にある温泉です。

温泉の建物の中に入ると囲炉裏が!
炭代一人200円を払えば、持ち込みも可で自由に焼いて食べることができます。

でも今日はここを使いません。
RVパーク内にも囲炉裏があって今日は停泊するのは私たちだけなので貸し切りにしてくれました。
平日バンザイ。

買ってきたいろんなものを焼いて食べました。
囲炉裏さいこー!

インスタ女子はYoutuberでもあるのです。みんな登録してね!

そろそろおネムの時間のようです。

今回の旅の楽しみのひとつでもあるキャンピングカーでの宿泊です。

大人5人が余裕で寝ることができます。

座席をフラットにしてそこに2人。

最後部が二段になっていてそこに2人。

そして写真は撮り忘れたのですが、運転席の上がロフトになっていてそこに1人。
ロフトは広いのでもう1人寝れるかも。

キャンピングカーの暖房はFFヒーターというものを利用しており、エンジンを切っても使えるので寒さ対策も万全です。

2日目

熟睡できたかどうかは別にして朝になりました。
おはよー!

まだ顔が死んでいます・・・(否座敷わらし)

朝ももちろん囲炉裏で朝ごはんを作ります。
う、うめぇー

そしていつでもどこでもYoutuber。みんな登録してね!

お片付けをすませてRVパークを出発!

2日目のまずはの目的地は亀岩の洞窟。
何と洞窟から入ってくる光がハート型に見えるのだとか。

 

View this post on Instagram

 

Mitsuki Koyamaさん(@koyama4645)がシェアした投稿

到着するとまさかのインスタ女子ツアーの一団。

そして、まさかのハートに見えるのは1年でわずか数日・・・

気を取り直して、男二人で幸運の鐘を鳴らす。

いつか報告に来たいと思います。

そして記念撮影。

名水で有名な久留里によって

木更津の道の駅によって

旅は終了!

キャンピングカーでの旅を終えて

とっても楽しい2日間でした!
キャンピングカーと聞くとすごくハードルが高く感じるかもしれませんが、費用面ではすごく安くついた旅になりました。
こちらがかかった費用です。トータルしてひとり14,000円かかりませんでした。

あとハードルになるとしたら運転ですね。
今回運転をしてくれた堀惠さんに話しを聞いてみました。

堀惠さん

運転感覚は、コンパクトカーやセダンよりは明らかに大きいですが、ミニバン+αな感覚です。
(高さが3m近くあるので、ここは要注意)
ただし、トラックベースなので乗り心地は良くないです。。
道路の凸凹には敏感に反応してゆれます。
私は大型・大特・けん引も所有しているので運転感覚は参考にならないかもですが、レンタル業者のおじさんが言うには、普段ミニバン運転している方ならだれでもすぐに運転慣れるようですよ、とのことなので、普段普通車の方でも大丈夫と思います。
あとは、とにかくエンジンが非力なので、加速が悪く気をつかいました。

以下、正直ベースな雑感です!

  • 行く前、計画を立てるときのワクワク感は半端なし
  • キャンピングカーを目の前にしたときワクワク感ピークに
  • しゅっぱーつ!キャンピングカーの揺れ(乗り心地)に若干戸惑う
  • 後部座席後ろ向きに乗り酔ってしまい助手席に移動し復活
  • 乗ってしまえば基本車旅と同じ
  • 後ろ席は靴を脱がないといけないので乗り降りが若干面倒
  • 寝る時は秘密基地っぽくワクワク
  • 場所によって寒さ異なる。運転手席のロフト部分が寒いとのこと
  • 5人で寝るのは余裕。足は伸ばせて寝返りも可能
  • とは言え熟睡は難しいので慣れないと数日間に渡る長旅はしんどいかな
  • 学生時代に戻った感が味わえますよ

いたば

なかなか楽しいです!そしてハードルはまったく高くないです。
一度は体験すべし! 以上です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です